独自の技術をものづくりスピリットで磨き込み、
これからも世界をリードし続けていきます
東海精機株式会社は、1936年に本田宗一郎氏が独力で興した自動車エンジン用ピストンリングメーカーがルーツの、ものづくり企業です。
全くの白紙状態から技術的試行錯誤を重ね、ついに国内トップクラスの製品づくりを成功させた氏のチャレンジングスピリットを受け継ぎ、「独自技術の確立」を常に最優先課題として標榜してきました。
現在では、鋳鉄製品から繊維機械部品の製造を経て行き着いたアルミダイカストをコア技術に据え、カーエアコン用コンプレッサー部品で世界ナンバーワンのシェアを不動のものとするに至っています。

アルミニウムは身近な素材ですが非常に機械的特性に優れた素材であり、自動車の軽量化技術に大きく貢献しています。さらにリサイクル性が高いことも大きな特徴で、環境への高い配慮を求められる現代のものづくりには欠かせない存在です。近年目覚ましい躍進を続けているハイブリッド自動車にも多くのアルミニウム製品が使われており、当社においてもコンプレッサー用部品に次ぐ大きな柱として「アルミダイカストの東海精機」を内外に周知させる製品になっています。

軽量化のニーズがますます高まることが予測される自動車業界にあって、アルミニウム製品の市場はこれからもさらなる成長が見込まれており、世界のモータリゼーションへの貢献度合いもまた高まっていくと考えられます。
当社はその誇りを糧に、これからもグローバルナンバーワンのものづくりスピリッツを発揮して、世界のアルミダイカスト技術をリードしていきます。
東海精機株式会社
取締役社長 土本  幸久

基本理念

  • 品質第一
  • 顧客優先
  • 技術革新
  • 公明正大
  • 環境保全
  • 全員参加